TEL:053-411-3715

予約優先制

                   
診療時間 日・祝
9:00〜12:00
16:00〜18:30
14:00~17:00

〒430-0807 静岡県浜松市中区佐藤3-7-6

統合医療

統合医療とは

『さまざまな医療を融合し患者様一人ひとりに合ったテーラーメイドの医療を行うことで、実際は科学的な近代西洋医学を前提に、相補(補完)・代替療法や伝統医学等を組み合わせ、QOL(Quality Of Life:生活の質)を向上させる医療であり、医師主導で行うものであって場合により多職種が協働して行うもの。』だと定義されています。 当院では西洋医学をベースに、中獣医学による中医薬や鍼灸治療、細胞培養による再生医療、オゾン治療やレーザー治療などの代替補完治療などで、難治性疾患によって苦しむ患者様の支えになる治療を目指しています。

当院の様々な診療方法をご紹介

中獣医学

中獣医学

中医学は中国発祥の伝統医学で、皆さんがなじみのある漢方医学は中医学が日本に伝来したものです。中獣医学とは牛や馬など人の生活に密接に関係した動物たちの治療に始まり、今や多くの犬・猫で効果が実証された中医学のことです。
中獣医学の診療は、些細な体の不調を重視し本来動物の持つ自然治癒力を高めバランスの崩れを鍼灸や生薬などで整えます。近年、現代医学の進歩で診断できる病気も多くなりましたが検査しても診断できない疾患や、『何となく調子が悪い』という診断名が確定しない未病の状態でも中医学は養生医学であり治療を開始できます。
もちろん、診断名が確定し西洋医学で治療が確立された疾患においても中医学は治療医学もあり鍼灸や生薬によって総合的な治療ができるのです。マニュアル医学の要素が強い西洋医学とは異なり、獣医師の経験や勘、センスが大きく作用する医学であるため、私自身、中西結合医療という考え方をもとに多くの動物たちが飼い主様とともに健康で幸せで長生きできる、そんな平和な社会を目指し日々勉強しています。

再生医療

中獣医学

再生医療とは薬でもなく、手術でもなく、患者自身の細胞を用いることで自己治癒能力を引き出し増幅する治療法で、従来治せなかった病気が治る可能性があります。
この治療法はまだまだ未知数で研究段階ですが、がんで命が燃え尽きる最後まで生活の質を落とさず、病気と戦う患者様の助けとなり大きな希望になることを願っています。
当院でも生命の可能性、神秘にたずさわるべく院内で細胞を培養し再生医療を実施しているので、お悩みの方は是非ご相談ください。

酸化療法

酸化療法

日本では、アンチエイジング医療として活性酸素を消去する抗酸化という方法が一般的ですが、Bio-Oxidative Therapies=生物学的酸化療法・酸化療法は、逆に体に酸化ストレス を与えることで、免疫機能や抗酸化機能を賦活させる医療です。

一見これまでの医療と矛盾しているように感じられますが、酸化療法はドイツやアメリカなどで盛んに行われています。
当院でも高濃度ビタミンC療法やオゾン療法を導入し、がんやアトピー性皮膚炎などの難治性疾患の補助療法からアンチエイジングとして幅広く施療しております。(アメリカではがん治療の補完医療として高濃度ビタミンC療法が発達し、ドイツではオゾン療法は保険適応になっているメジャーな治療です)
動物での酸化療法はまだ始まったばかりのため、こらから多くの症例報告が期待される治療となるでしょう。

当院の酸化療法